おりょうのすゝめ

「おりょうのすゝめ」は「こんなものあったんだ」をコンセプトに管理人おりょうのおすすめのモノを紹介するブログメディア。

【アプリ】Googleカレンダーにも書き込める電子手帳「Planner for iPad」

f:id:uresitanosioisi:20200217224930p:plain



 

スケジュールの管理どうしていますか?

 

最近ではスマートフォンやタブレットでスケジュールの管理をする方も増えてきましたよね。

グーグルカレンダーなどのアプリを使えば、無料で使用し続けることが出来ますよね。

 

紙の手帳で良いものを買おうとすると、結構高いですよね。

さらに、紙の手帳だと毎年買い換えなければいけませんよね。

ですが、空いているスペースなどに自由にメモを書き込めたりするところが紙の良いところですよね。

 

皆さんは紙派ですか?それとも電子派ですか?

 

紙、電子共にそれぞれに良い点、悪い点があるとは思います。

今回は僕自身も使用している、紙の手帳と電子手帳の良いところを持ち合わせた、iPad用のアプリ「Planner for iPad」を紹介していきます。

 

Planner for iPad

Planner for iPad

  • Takeya Hikage
  • 仕事効率化
  • 無料

apps.apple.com

 

 

「Planner for iPad」とは?

年や年度の変わり目に手帳を買い換えると思います。

その時にどうやってスケジュールを管理するか悩んだことはありませんか?

 

僕自身は今まで紙、電子の様々な手帳を使ってきました。

紙には紙の、電子には電子の良いところがありました。

 

昨年、2019年は紙の手帳を使っていました。

その前の年、2018年はグーグルカレンダーを使っていたのですが、電子のフォーマットに紙のように書き込める手帳があったらいいなと思っていました。

 

 

「Planner for iPad」のコンセプトは

紙の手帳の体験をできるかぎりiPadでも実現すること、また紙を超える手帳体験をしていただけること。

 

まさに紙の手帳ように使うことができるアプリになっています。

 

「Planner for iPad」は名前の通りiPadとApple PencilもしくはLogicool Crayon向けのアプリとなっています。

 

「Planner for iPad」の特徴

f:id:uresitanosioisi:20200105230512p:image

 

手書きでスケジュールを管理

先程にも述べたとおり、このアプリは紙の手帳のようにiPadでスケジュールを管理することができます。

 

Googleカレンダーを表示できる

紙の手帳にはない便利なポイントですよね。

Googleカレンダーの予定をアプリ上で同期・表示できます。

 

そのため、パソコンやスマホで入力したスケジュールに手書きで追加情報を書き込むことができます。

 

カレンダーをカスタマイズできる

スタンプやテープなどを使って紙の手帳のようにカスタマイズすることができます。

 

また、アプリ内のステーショナリーショップではスタンプやテープをはじめ、手帳のリフィルなどを追加で購入することもできます。

 

「Planner for iPad」の基本操作

手帳の作り方 

f:id:uresitanosioisi:20200105224954p:image

まず、はじめに出てくる画面がこちらになります。

f:id:uresitanosioisi:20200105225004p:image

+マークのボタンを押すと手帳を新規作成することができます。

 

f:id:uresitanosioisi:20200105225036p:image

縦書きか横書きかを選択することができます。

僕は横書きを選択しました。

 

名前・カバーの変更

f:id:uresitanosioisi:20200105225107p:image

ギアのボタンを押すと手帳の名前やカバーの設定をすることができます。

 

f:id:uresitanosioisi:20200105225119p:image

手帳のカバーは無料で変更することができます。

また、ステーショナリーショップでカバーのデザインを追加購入することができます。

 

ツールバー

ペン

f:id:uresitanosioisi:20200105225138p:image

ペンは24色、4サイズから選択することができます。

 

マーカー

f:id:uresitanosioisi:20200105225147p:image

マーカーも24色、4サイズから選択することができます。

 

スプタン

f:id:uresitanosioisi:20200105225156p:image

スタンプも無料で使用することができます。ペン・マーカーと同様に24色、4サイズから選択することができます。

 

画像・写真の取り込み

f:id:uresitanosioisi:20200105225216p:image

アルバムの中の写真を取り込むことができます。

 

f:id:uresitanosioisi:20200105225223p:image

カレンダーにその日ごとの写真を貼り付けておけば、何があったのか簡単に思い出すことができます。

 

食べた物の写真を貼っておけば、ダイエットやトレーニングのときに何を食べたのか振り返ることができます。

 

リフィル

f:id:uresitanosioisi:20200105225243p:image

リフィルでは付箋のようなものを貼り付けることができ、ピンチすることでサイズを変更することができます。

 

マスキングテープ

f:id:uresitanosioisi:20200105225258p:image

マスキングテープも無料で使用することができ、4サイズから選択することができます。また切り口も選ぶことができます。

 

ステーショナリーショップ

f:id:uresitanosioisi:20200105225336p:image

無料で使用できるもの以外にもアプリ内のステーショナリーショップでアイテムを購入することができます。

 

おすすめのステーショナリー

僕が実際使用しているおすすめのアイテムを紹介していこうと思います。

 

お仕事はんこセット

f:id:uresitanosioisi:20200105225346p:image

バイトのシフトや大学の出欠席、課題の締切などを管理するのに使っています。

はんこのようでかわいらしく、使い勝手が良いのでおすすめです。

 

家計簿セット

f:id:uresitanosioisi:20200105225450p:image

家計簿アプリの入力が面倒くさいのでこちらのリフィルに記入しています。

種類も様々で、リフィルだけを一覧にする機能もついているのでとても使いやすいです。

 

STUDY

f:id:uresitanosioisi:20200105225533p:image

学業が本業の僕にとって何を勉強したのか記録しておくことも重要ですが、ブログのネタを考えるときにおすすめなのがこちらのリフィルです。

 

「Planner for iPad」の使用感

次に実際にこちらのアプリを使ってみて気づいたことをまとめていきたいと思います。

 

○月・週・日のカレンダー間の移動が簡単

紙の手帳は月・週・日のページが分かれていますよね。

そのため、月の予定を確認したり、週の予定を確認しようとすると行ったり来たりしないと行けませんよね。

 

こちらのアプリでは、月のカレンダー上の日付をタップすることでその日のページを表示することができます。

 

✗年ごとの移動がめんどくさい

月・週・日のカレンダー間の移動は簡単ですが、年ごとの移動が少し面倒くさいです。

 

頻繁に過去の予定を確認することはありませんが、年ごとの移動がしやすくなるともっと便利になると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「Planner for iPad」の紹介は以上となります。

 

ノートをとったりスケジュールを管理するなど、何でもすることができるので、学生にとってiPadは本当に便利なものです。

 

iPadは本当に何でもこなすことができるので、ノートパソコンと同じくらい必需品になってもいいんじゃないかと思ったりしています。

 

今回はiPadとApple Pencilを持っている方におすすめできる手帳アプリの紹介でした。

気になる方はぜひインストールしてみてください。

 

Planner for iPad

Planner for iPad

  • Takeya Hikage
  • 仕事効率化
  • 無料

apps.apple.com

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。