misterfilms

misterfilmsは「こんなものあったんだ」をコンセプトにおすすめのモノを紹介するブログメディア。

栄養豊富な「ミックスナッツ」の知られざる5つの効果

f:id:uresitanosioisi:20200205003411p:plain



年が明け、冬休みがおわったので今日は久しぶりに大学へ行きました。

学校で勉強していると、眠かったりボーっとしている時間が長いように感じました。

 

『集中力が続かない。』

 

思い返してみれば、年末年始は暴飲暴食や過眠を繰り返していました。

テストも近いため、「どうにかしなければいけないな」と思っています。

 

「そういえば」と受験生時代にカバンに入っていたマストアイテムを思い出しました。

 

当時の食生活では常に「集中力を持続させること」を意識していました。

集中力を持続させるために必要なことは、

 

  1. 血糖値を急激に上げないこと。
  2. 満腹にならないこと。

この2つのポイントをいつも意識していました。

2つのポイントを実現するための手助けになっていたが「ミックスナッツ」です。

 

今回はそんな僕が受験生時代によく食べていた「ミックスナッツ」の知られざる効果を紹介していこうと思います。

 

 

 

知られざるナッツの効果

f:id:uresitanosioisi:20200108171739j:image

ナッツと聞いたときに「ピーナッツ」を想像する方がいるかと思います。

ですが、そんなピーナッツは正確にはナッツではないのです。

 

 

ナッツとは?

f:id:uresitanosioisi:20200108171924j:image

まずは、ナッツの定義から確認していきましょう。

 

ナッツの定義

クリやシイの実のように,成熟しても果皮が裂開しない堅い乾いた果実を植物学上ではナッツ(堅果)というが,利用上からみると,ナッツは一般に木の実と解されており,硬質の殻を有して,その内部の種子や仁を食用にする木本植物の堅果(クリ,ハシバミ,シイなど)や,核果(アーモンド,ペカン,クルミなど)をいう。また,種子を食用にすることから,ナッツはピーナッツなど草本のマメ科植物の種子などをも含めて,広い意味に用いられることが多い。(世界大百科事典より)

 

ピーナッツは大豆などと同じマメ科に含まれるんですね。

 

ナッツの効果

f:id:uresitanosioisi:20200108172003j:image

ナッツにはさまざまな効果があります。

 

集中力を持続させる

f:id:uresitanosioisi:20200108172122j:image

まず、ナッツには血糖値を緩やかに上げる効果があります。

というのもアーモンドやクルミをはじめとするナッツ類は血糖値が急激に上がりづらい低GI値の食品に分類されます。

 

そのため、血糖値の急上昇を原因とする眠気などを防ぐことができます。

また、口周りの筋肉は脳とよく繋がっているため、しっかり噛むことは認知力や記憶力の向上にもつながるそうです。

 

ナッツはまさに受験生にぴったりなおやつなんですね。

 

肌荒れを防止する 

f:id:uresitanosioisi:20200108172250j:image

ナッツ類には肌質改善に効果があるビタミンb群を含むものが多いため、肌荒れ・ニキビを防止してくれるそうです。

肌の細胞のターンオーバーには1ヶ月程度かかります。

そのため、すぐ効果があるわけではないので継続して食べてあげることが重要になります。

 

ダイエット・筋トレ

f:id:uresitanosioisi:20200108172346j:image

ナッツ類はタンパク質や食物繊維を多く含んでいます。

そのため、腹持ちがよく間食として摂取することがおすすめです。

また、体づくりに重要なビタミンやミネラルを含んでいるため、運動量が多い方にぴったりですよね。

 

腸内環境を整える

f:id:uresitanosioisi:20200108172435j:image

先ほどから述べている通り、ナッツには食物繊維が多く含まれています。

食物繊維にはお通じをよくする効果があり、腸内環境の改善が見込めます。

 

腸内環境がよくないと体調を崩したり、肌荒れや肥満の原因になります。

内面と外面の両側からきれいにしてくれる優秀な食材ですね。

 

生活習慣病の予防

f:id:uresitanosioisi:20200108172507j:image

ナッツは脂質を多く含み、カロリーの高い食材です。

ですが、不飽和脂肪酸やミネラル、食物繊維など人間の健康を支える栄養が豊富に含まれています。

メタボリックシンドロームや高血圧をはじめ、心血管疾患のリスクを抑制することができます。

 

各ナッツに含まれる栄養素

アーモンド

f:id:uresitanosioisi:20200108172525j:image

含まれる栄養素

  • ビタミンE
  • ミネラル
  • 不飽和脂肪酸
  • 食物繊維

 

クルミ

f:id:uresitanosioisi:20200108172551j:image

含まれる栄養素

  • オメガ3脂肪酸
  • ポリフェノール
  • トリプトファン

 

カシューナッツ

f:id:uresitanosioisi:20200108172851j:image

含まれる栄養素

  • 鉄分
  • 亜鉛
  • ビタミンB1

 

ナッツの摂取方法

f:id:uresitanosioisi:20200108172946j:image

ナッツはカロリーが高い食材なので、つい食べ過ぎてしまうと肥満の原因になってしまいます。

ダイエットのために食べ始めた方にとっては元も子もありませんよね。

 

一日のおすすめの摂取量は25gが目安と言われています。

だいたい手のひら一杯くらいの量で、これで150kcalほどになります。

 

美味しいですが食べ過ぎは良くないので気を付けましょう。

 

ナッツの選び方

f:id:uresitanosioisi:20200108185553j:image

現在、ミックスナッツはスーパーやコンビニエンスストアなどどこでも手に入れられるようになっています。

 

その種類は多種多様であり、塩や油で味付けられたものや素材の味そのままの素焼きなどがあります。

食塩が添加されているものには高血圧の原因になりうるので避けた方が良いでしょう。

 

一番は、無塩・素焼きのミックスナッツをおすすめします。

塩や油で味付けてあるものは食べ過ぎてしまいがちになってしまいがちです。

 

素材の味そのままでも美味しいので、ぜひ購入するときは無塩・素焼きのものを選んでみてください。

 

おすすめのナッツ

f:id:uresitanosioisi:20200108185606j:image

どこでも売っているナッツですが、おすすめは無印良品のナッツです。

アーモンド、カシューナッツ、クルミの3種類が入っており、塩や油を使わず、そのままローストしています。

 

ナッツ生活を続けられるかわからない人は、まずこちらのナッツから初めてみてはいかがでしょうか。

 

また、コスパの良さを求めるのであればAmazonがおすすめです。

ナッツ生活を続けられるようであれば、購入してみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

おすすめの容器

f:id:uresitanosioisi:20200108185635j:image

おすすめの容器は無印良品の丸型弁当箱です。

袋のままでいいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、カバンに袋のまま入れておくと、ナッツが粉々になってしまうことがあります。

しっかりした容器に入れておけば、砕けたナッツを食べる必要がなくなります。

 

こちらの無印良品の容器はスクリューキャップになっています。

そのため、タッパーのように蓋が開いてしまう心配がなくなるのでおすすめです。


f:id:uresitanosioisi:20200108185632j:image

 

あとがき

いかがでしたでしょうか。

今回は「ミックスナッツ」を紹介しました。

 

コンビニでも購入できるものなので、ぜひ一度試してみてください。

食べ過ぎに注意してください。

 

本日の記事はこちらで以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。